So-net無料ブログ作成

VOGUE(ヴォーグ)ヴォーギング(VOGUEING)の歴史 [ダンス]

さて、前回はVOGUEのについて軽く触れました。

今回はもう少し掘り下げてヴォーグの歴史やスタイルについて書いていきます!

~ 歴史 ~

1960年代にアメリカ都市部にて黒人やラテン系の【ポール・ルーム】と呼ばれていたダンスシーンから発展したクラブダンス、ストリートダンスです。

そして【ポール・ルーム】とは、当時の社交ダンスの事です。

日々、【ポール・ルーム】ではヴォーギングの技を競い合い、時にはコンテストを行い、ヴォーグダンサー達が熱いダンスバトルを繰り広げていたのです。

そして、この頃はまだ「ヴォーグ」というジャンルではなく、パフォーマンスと呼ばれていました。

1980年代にアメリカ都市部のクラブーシーンで脚光を浴び少しずつ知られるようになりました。

1990年代にあの有名な大物歌手マドンナのシングル「ヴォーグ」のミュージックビデオで全世界に知られることとなります。

1991年、サンダンス映画祭審査員特別賞を受賞した、ドキュメンタリー映画

「パリの夜は眠らない」

の公開に影響を受け、大衆化し国際的にも注目を浴びる。

現在の「ヴォーグ」という名前はファッション雑誌「ヴォーグ」のモデルのポージングとパフォーマンスのポージングが似ていたことから「ヴォーグ」と呼ばれるようになりました。

~ スタイル ~

ヴォーギングは現在、大きく分けて3つのスタイルに分かれます。

1930~1980年代までのスタイルを「オールドウェイ」と呼ばれ、動きの特徴としては左右対称、動きの精度、上品で滑らかな動きを中心としたスタイルなのです。

1990~1994年代のスタイルは「ニューウェイ」呼ばれ、動きの特徴は厳正で幾何学的な動きの豊富パターン、クリック(手足のねじれ)やアームズ・コントロール(手先の早業と手首の幻想的な動き)を中心としたスタイルです。

1995年代頃に生まれた「ヴォーグフェム」の3つです。ヴォーグフェムの特徴は女性的な滑らかな動きが極端に誇張されており、バレエやモダン、ブレイクダンスの影響も受けています。さらに、ジャンプ、トリック、アクロバット、フリップといった動きも加えられています。

ヴォーグフェムには「ソフト&カント」と「ドラマティクス」のという、2種類のスタイルがある。さらに6つ要素である、手、回転、ダックウォーク、キャットウォーク、ディップ、フロアーパフォーマンスから構成されている。

コンテスト等ではヴォーギングの要素を必ず一つは取り入れて競い合うのです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。